【購入レポートその2】キューズベリーのクロス抱っこ紐は、スリングと抱っこ紐を掛け合わせたアイテム!

キューズベリークロス抱っこ紐

ものすごく気になっていたキューズベリーの「クロス抱っこ紐」ですが、購入してから何回か使ってみましたので使用感などレポートしたいと思います!

まず、使ってみて感じたことは、このクロス抱っこ紐は「スリングと抱っこ紐を掛け合わせたアイテム」ということ。さらに、ちゃんとサイズの調整をすれば、子どもの体重を半分以下に感じる人がいるのも頷けるという感想ですね!

とはいえ、やはり自分のライフスタイルの中で活用できないのであれば、どれだけ素敵なアイテムだったとしても意味をなさないことは言うまでもありません!

なので、私が感じた使用感をご報告できればと思います。

▼オフィシャルページで調べてみる!

■抱っこ紐のサイズをちゃんと調べて置くことが最も重要!

クロス抱っこ紐は、肩や腰への負担を軽減させるために、通常の抱っこ紐とは違う造りになっています。

特徴的なのは背中のクロスしている部分ですかね?子どもの体重を分散させたり、安定した位置で抱っこできるような構造のおかげで「子どもの体重が半分に感じる」という方がいらっしゃるというわけです。

キューズベリークロス抱っこ紐3

しかし、この構造をフルに有効活用するには「抱っこ紐のそもそものサイズ」と「抱っこ紐自体の調整」がかなり重要になることがわかりました。

子どもを体に近い所で抱っこできると軽く感じましたし、緩いと肩への負担がすごいかかることもわかりましたよ。

キューズベリークロス抱っこ紐2

購入レポートその1」でも書きましたが、やはり購入前にママ、パパの「計測値Ycm」をしっかりと測っておかないといけないですね。抜群のフィット感をえるためには、適したサイズを選ぶ必要あり。

また、使用し始めてから自分の体に合った長さを探すのに少し時間がかかるかもしれないです。

キューズベリークロス抱っこ紐選び方

■クロス抱っこ紐はこんな人におすすめ!

私が使ってみた感想としては、冒頭でも書いた通りは「スリングと抱っこ紐を掛け合わせたアイテム」という位置づけです。首が座っていれば使えますが、子どもが小さいうちは正直なところエルゴの抱っこ紐の方が安定感があり使っている側としても安心かもしれませんね。

ただ、子どもが立ったり歩いたりするようになってからは、このアイテムはかなり使える!理由としては下記の通り。

  1. 大人の脱着が一瞬
  2. 子どもの抱っこが一瞬
  3. もちろんおろすのも一瞬
  4. 小さくて持ち運びやすい
  5. 結果、どこでもサッと出してサッと使える
  6. しかもスリングよりも安定感抜群
  7. (金額も1万円と比較的安め)

子どもがたち始めるくらいに購入しておくとかなり役に立つアイテムだと思います。動き回った結果、すぐ寝ちゃうお年頃ですしね(笑)

我が家は、移動時にサッと使うためにスリングを購入しましたが、やはり「安定感」「大人の体への負担」を考えると抱っこ紐の方が良い。でも、一般的な抱っこ紐だとどうしてもかさ張るので、子どもを抱っこしていないときに邪魔なんですよねぇ。

上記に共感していただける方には、本当にお勧めな抱っこ紐と言ってよいと思います!

■Fサイズを買ってみた感想

私も嫁も一般的には細目であろうと仮定し、購入したFサイズのサイズ感をお伝えすると「パパはOK!ママはサイズを検討!」という感じでした。(身長は私が170cm、妻が155cmくらい)

今回は、私が「使ってみたい!」ということで個人的に購入した結果、妻にはサイズが大きいことが判明。サイズが大きすぎると、肩への負担が増えると言っていました。

やはり試着は必須なのかなぁ。嬉しいことにキューズベリーでは30日間であれば返金OKということで、試すにはもってこいですよ!(返金についてはオフィシャルサイトにて必ずご確認ください。)

キューズベリークロス抱っこ紐4

ちなみに、私の感想としては色合い、素材感については文句なし!ママもパパも使えておしゃれ感があるという意味では、かなり上位レベルの抱っこ紐ではないでしょうか。

また、体重が半分になったかどうかはわかりませんが、フィット感が抜群で動きやすかったですね。パパが抱っこするときは出かけた時が多いと思いますで、バッグからサッと取り出してサッと抱っこしてという一連の動きは抜群に良かったと思います。

スリングと抱っこ紐を掛け合わせたような特徴を持つキューズベリーの抱っこ紐。活用シーンのイメージができたら、是非試してみてください!

▼オフィシャルページで調べてみる!

【購入レポートその1】抱っこする子供の重さが半分になるキューズベリー「クロス抱っこ紐」を購入しました!

スポンサードリンク


かなりお世話になったアイテム!


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. BRIGHT BUGZ(ブライトバグズ)が驚きと会話を生み出す!光を操る姿に子どもも大人も夢中にさせるよ!(AD)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る