【ご報告】サラリーマンを辞めて主夫ブロガーとして活動することになりました!(2014年4月1日)

巷では、主婦ブロガー、イクメンブロガーという方々がたくさんいらっしゃいますが、今後「主夫ブロガー」として活動することになったのでご報告いたします。

子ナビでは「子どものための情報ブログ」ということで、子どもに関わるすべての方のために何か参考になる情報を発信していきたい!という想いで更新をしてきましたが、育児、家事ともにまだまだ至らぬ部分も多く半人前以下だと思っています。

そこで、主夫として活動することで、サラリーマン時代に学んだことと、主夫として学ぶことをうまく合体させ、新しい主夫ブロガーとして活動できればと考えている次第です!

nocchi2013Profile

■主夫になるうえで考えなくてはいけない事

1.家事スキルを磨く

料理、洗濯を含む一般的な家事を把握し行動できるようにならないといけません。

初めて子どもとお留守番した時のことは今でも覚えているのですが、「子どもと一緒にお留守番するだけでしょ?」と思っていたら大間違い。

家事自体も慣れないと大変なのに、子どもも一緒だとこんなに大変だったとはね・・・。

タスク管理!効率化!

ここら辺をうまく使って、乗り切っていきたいところですね。ただし、余力を残さず毎日100%のスケジュールを組んでしまうと緊急事態に対応できないので、数%でいいから余力はとっておこう。

2.基本的な育児スキルを磨く

「今どきおむつ替えができないパパなんていないわよねぇ」

真実はわかりませんが、できないのであればできるようにならないと話になりません!私は意外と抵抗なくできていたので最低ラインはクリア。

あとは、子どもとの関わりあいを「遊び」から「育児」にかえていかないといけないと考えています。

子どもにとって「遊んでくれる!」という印象が強くなりがちなパパの存在ですが、毎日遊んであげることだけではだめなのですよ。

子どもを1人育てるということを、改めて考えないといけないですね。パパだからこその育児というのを学びながら、子どもと一緒に成長したいと思います!

3.収入はどうするのか?

現状のサラリーマンの収入を減らすことなく維持することが必須条件!

とはいえ、個人でお金を稼ぐということは本当に大変な事であると思います。決して安定しているとは言えない環境ですので、日々節約と貯金ですな。

つまり、そういうことです。皆様、色々お待ちしております(笑)

今までのように会社に出社して仕事をすることはなくなりますが、子どもが保育園に行っている間に家事をこなし仕事もこなさないといけなくなりますね。さらに言えば、仕事を自分でとってこないといけないわけですし。

とはいえ、サラリーマン時代よりも大変になることは間違いないですが、家族といる時間は圧倒的に増えると思います。

何にせよ、強く優しい父にならないといけないということですね。

父と子

4.エイプリルフールって知ってる?

ということで、子ナビのエイプリルフール企画でした。

この記事を書いていて感じたことは、「簡単に主夫にはなれないな」ということ。なる術はあると思いますが、いきなりなるには色々と怖いですし、まだまだ力不足ですね。

今回の記事はエイプリルフールということで書いてみましたが、もし主夫ブロガーとして本当に全てが成り立つのであれば魅力的ではありますね(笑)ただし、すぐにどうこうできるものではないということもわかっています!

それにしても、主婦の方はもちろん、共働きで仕事から家事までこなしているママ、パパには「本当にすごい!」の一言に尽きますね。

 

さて、2014年も3ヶ月が終了してしまいましたね!あっという間に過ぎ去っていく日々をちゃんと楽しんでいますか?

桜が咲いて暖かくなったと思えば夏になり、そしたらすぐに秋冬と流れていきますね。1日1日を大切に過ごしていきたいと思います!

→子ナビのプロフィール

→子ナビのお問い合わせフォーム

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 指1本で調節可能!日本の職人が作った独自構造のカメラストラップ!(PR)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る