メモリアルロンパースベアがついに完成。思い出がクマのぬいぐるみになって我が家に!

エンパシー・ジャパンさんとご縁ありましてこの「メモリアルロンパース・ベア」というものを作らせていただくことになってから1か月程度でしょうか。レポート4本目にしてついに完成しました!

初めのレポートでも書かせていただきましたが「思い出をしまいこんでおくのではなく、形にして目の前に置いておく!」という部分がとても好きなサービスですね。

子どもが着ていたロンパース2着を使い作るメモリアルロンパースベア。

昔着ていた洋服ということで現在の子どもの成長を感じる事もできると思いますが、「この洋服を着ていたあの頃の私は・・・」という当時の自分の気持ちも思い出してもらえればと思います!

子どもとの思い出、初めての育児、夫婦で苦労したあの頃・・・!思い出は大切にしまっておくことも良いですが、すぐそばに置いておくのも良いものかもしれませんよ!

メモリアルロンパースベア完成i

■ロンパースベアが完成するまで!

まず、今回ロンパースベアを作るにあたってチョイスしたのがこの2着。お腹側で使う生地と、背中側で使う生地の2つが必要になるので、できれば同じ柄じゃない方がよさそうですね!

詳細は、是非下記のレポートを読んでいただければと思います。

子どもの誕生日や出産時の体重も入れることができるんですが、お父さんたちは出産時の体重を覚えているかな?(笑)

・思い出を違う形にして目の前に!我が子のロンパースで可愛いクマのぬいぐるみを作ろう!

http://nochineta.net/archives/16516

メモリアルロンパースベア_ロンパース

次に、完全手作りでぬいぐるみを作っていきます!この時に、ロンパースについている「ポケット」や「刺繍」などがある場合、ワンポイントとして活かすことができます。

なので、洋服の中に活かしたいポイントがある場合にはその旨は必ず伝えておきましょう!

※制作は2名で完全手作業!しかも、なんとあの「しまじろう」のぬいぐるみもここでは作っているようです。

メモリアルロンパースベア_制作過程3

そして、我が家に届いたメモリアルロンパースベアがこちらです!

メモリアルロンパースベア配送

■ロンパースベアを我が家においてみた!

子どもには何も言わずそーっとこのクマを置いておいたところ、子どもから「新しいクマさんが仲間入りしたんだねぇ!」と。昔着ていた洋服で作ったことを伝えると「私が着ていた洋服を着ているんだね!」と。たしかに間違いではない・・・!

今回は、ボーダーの生地を背中にし、無地の生地をお腹に持ってきてみました。最近は、ロンパースでもお洒落なデザインのものが多いと思うので、デザイン的にもかなり可愛いクマが作れるかもしれませんね。

まぁ、ポイントは「思い出を形に」ということなので「箪笥の奥底に洋服が眠っています」という方にはかなりお勧めだと思います!

ロンパースベア完成

登録時に入力した「名前」「生年月日」「出産時の体重」については、首から下げているスタイの裏側に記載されています!

また、ワンポイントとしてロンパースの胸ポケットをお腹に持ってきてくれているのです!これはかなり可愛い。

メモリアルロンパースベア完成お腹

可愛らしいポイントはたくさんあるんですが、ロンパースベアの最大の魅力は「着ていた洋服を使っている」ということ。

決して新品の素材ではないでしょうし、擦れて色が変わってしまった部分なども残っているので、とてもリアリティがあるとでも言いましょうか。それが魅力だったりするんだと思います!

メモリアルロンパースベア完成横

ロンパースベアは、新しいぬいぐるみの洗礼いうことで、まずは子どものお昼寝に参加中です。子どもが気に入ってくれなかったとしても、いつも見えるところに置いておこうかと思っていましたが、子どもも気に入ってくれたようで良かったです!

メモリアルロンパースベア完成

「思い出を形に」ということでご紹介してきたロンパースベアですが、ついに完成。

実際に手元に届いてみると、もともと子どもが来ていた洋服のせいか何とも愛着がわく(笑)子どもと大人の共通の思い出として、大切にしていきたいと思います!

▼「メモリアルロンパースベア」のレポートはこちらよりどうぞ!

http://nochineta.net/archives/tag/rompersbear

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. ものをつくる楽しさを。最後のひと手間を残した「ヒトテマキット」。

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る