子どもが大好きすぎてしょうがない!未知の野菜「ロマネスコ」に出会った。

まずは下の写真を見ていただきたい!この写真を見て色々な感想があると思いますが、スーパーで売っていてもまず手に取ることは少ないことでしょう。

どこまで食べられるのか、そもそも1つのブロックなのか、実なのか葉なのか花なのか・・・。

ロマネスコ

最近、子どもがハマりにハマっている野菜がこの「ロマネスコ」という野菜です。

調べてみると、ロマネスコ(Broccolo Romanesco)はアブラナ科アブラナ属の一年生植物で、カリフラワーの一種とのこと。味はブロッコリーに近く、食感はカリフラワーに近い不思議な野菜なのです。

パッと見は非常に不思議な形をしていますが、細かく見てみると1つ1つが綺麗な形をしていて、不思議な魅力がありますね(笑)

1つのブロックのように見えますが、ちゃんと枝分かれしていてカリフラワー同様一房ずつ取ることができます。ただ、本当にギュッと詰まっているので包丁で切ってしまったほうが早いかも。

■調理方法はいたってシンプル!

基本的には熱を通す必要があるのかな?それこそ、ブロッコリーやカリフラワーなどと同様の調理方法ができるようですね。パスタに入れてもよいですし、茹でてサラダもOK!ピクルスなんかにしても美味しいんだとか。

我が家では、塩茹でにしてマヨネーズなどで食べています!(サイズが大きいので丸ごと茹でようとすると頭が出てしまうので要注意)

ロマネスコ2

そして、ロマネスコを調理していると甘い香りを感じたんですよ!?包丁で切っていくと香る香る。本当に不思議すぎてびっくりしましたが、調べてみるとそういう野菜なんだとか・・・。

そして、さらに調べていくとその容姿に色々な秘密があるようですね。

ロマネスコの花蕾は幾何学的な配置になっていて、個々の蕾が規則正しい螺旋を描いて円錐をしています。その円錐はさらにそれ自体が螺旋を描いて並び、これが数段階繰り返されているというとても不思議な野菜なんですよ。

この幾何学の概念に興味のある人は、こちらをお読みください!

とりあえず、都内のスーパーで買ったところ約400円くらいするので意外と高い!でも子どもが積極的に野菜を食べてくれるので、今後も定期的に購入しそう。

次買ったら、一眼レフで写真を撮りまくりたいと思います(笑)

スポンサードリンク


海外でもネット環境を!


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 学校給食を飢餓で苦しむ世界の子どもたちへ!あなたの幸せを少しだけ分けてみませんか?(AD)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る