子どもが出会ったスウェーデンのブランドたち!Sweden Kids Week 2013(スウェーデン・キッズ・ウィーク)が予想以上に面白かった!

「子どもが楽しめるかもしれない!」「子ナビでも紹介できるんじゃない?」という子ども想いで夫想いな妻の提案で「スウェーデン・キッズ・ウィーク2013」に行ってきました!

会場はスウェーデン大使館。期間限定ではありますが、子供服、おもちゃ、その他育児用品など子育てにまつわる様々なスウェーデンブランドを体験できる面白いイベントです。

参加ブランドには、国内でも超有名なブランドをはじめ、今回初めて知ったブランドもありましたよ・・・。個人的には勉強になりましたし、なにより子どもがかなり楽しんでいたので本当に良かったです!

気になったブランドや、子どもがかなり食いついたブランドなどご紹介できればと思います。

Sweden Kids Week 2013

■大使館の外には遊具がたくさん!HAGS Aneby (ハグス・アネビー)

大使館の入口を入るとすぐに、遊具がたくさん並んでいます。子どものテンションは、もうここでMAXに近い感じですね!

ここに並んでいる遊具はHAGS Aneby (ハグス・アネビー)というブランドのもので、子どもたちが楽しく、そして安全に遊び、その成長を育むことのできるユニークで機能的な遊具を作っているとのことです。

遊具だけではなく、公園、広場、スポーツ、レクリエーションのための公園施設なども手掛けているんだとか。

Sweden Kids Week 2013_1

屋内ブースでは、実際に設置している遊具の模型が並んでいました。昔、こういう遊具で遊んだなぁ。飽きることなく、ひたすら上ったり下りたり滑ったりしてたなぁ。

この様な遊具を拠点に、色々な遊びをしたのを覚えていますよ。

Sweden Kids Week 2013_3

Sweden Kids Week 2013_2

■子どもの想像力を育むユニークなアプリたち!TOCA BOCA

子どもが一番食いついたのが、スマートフォン・タブレット用デジタル玩具メーカーの「TOCA BOCA (トッカ・ボッカ)」。

多分、このブースにいた時間が一番長かったですね。じっと画面を見つめたり、質問してみたり、触ってみたりと「楽しんでいた」というよりは「興味津々すぎて真面目になった」とでも言いましょうか。ユニークなグラフィックと動きに目を奪われていました!

Sweden Kids Week 2013_TOCA BOCAブース

まず見せてもらっていたのは「Toca Kitchen Monsters」という食べ物を好きに調理してモンスターに食べさせるというアプリ。

レンジでチンしたり、切ったり、塩コショウかけてみたりと色々な作業ができ、最終的に食べさせるという不思議なアプリなんですが、子どもはもう他のブースそっちのけでこれを見ていました。

Sweden Kids Week 2013_TOCA BOCA3

最終的には下の子も参加してワイワイと・・・。遠慮がちな上の子に対し、何の躊躇もなくつかみかかる下の子に担当者もびっくりですよ(笑)

このTOCA BOCA (トッカ・ボッカ)が出しているアプリが本当に楽しそうなものばかりなので、近々アプリで遊んでみようと思います!(iPadの購入も検討しなくては・・・。)

【追伸】Toca Kitchen Monstersで遊んでみました!

さっそく遊んでみましたので合わせてどうぞ!(http://nochineta.net/archives/15886

Sweden Kids Week 2013_TOCA BOCA2

▼このTシャツが意外にかわいい!個々では販売していないとのことです・・・。

Sweden Kids Week 2013_TOCA BOCA10

■日本でも有名なBabyBjörn(ベビービョルン)がパンを提供!

何やらパンが食べられるらしい、ということで向かってみたらBabyBjörn(ベビービョルン)のブースでした!

BabyBjörnは、1961年にビョルン ヤコブソンが妻でありデザイナーのリリモアと創立したブランドなんだって。やはり何事も経験してわかることも多いということなのかなぁ。経験値に勝るものはない!のかもしれない。

ちなみに、安全性と品質、デザイン性からベビーキャリアは世界で3000万個以上売れているベストセラーとのこと!

Sweden Kids Week 2013_BABYBJORN

もちろんパンをプロデュースしているわけではなく、コップ、お皿、スプーンなどがベビービョルンのアイテムになっています。

Sweden Kids Week 2013_BABYBJORN2

意外と子どもが気に入ったのがこのスプーン!デザインとしては非常にシンプルなんですが、可愛いとのこと。握りやすい太さとか、独特なスプーン形の秘密について聞いてみたいところですよ。

Sweden Kids Week 2013_BABYBJORN3

また、大人が「これはいい!」と思ったのがこのお座りをサポートしてくれる「ブースターチェア」。意外と安定していて、子どもも座り心地が良かったようですね。

いつもは試しにくいアイテムでも、実際に食事の場で試せるというのが良かったですね!コラボレストランとかあったらいいのになぁ。

Sweden Kids Week 2013_BABYBJORN4

▼お土産にスプーンをもらいました!

Sweden Kids Week 2013_BABYBJORN5

■赤ちゃんの繊細な肌に合う洋服を!LUNDMYR of Sweden

LUNDMYR of Sweden(ルンドミール・オブ・スウェーデン)という子ども服ブランドのブースもありました。高品質かつ安全で着心地のよい子ども服ブランド何だとか。

海外の子ども服ブランドは、百貨店に入っているような超有名ブランドしか見る機会がないので、なかなか面白い。担当の方も日本の方だったので色々聞いておけばよかったですよ。

Sweden Kids Week 2013_LUNDMYR of Sweden

Sweden Kids Week 2013_LUNDMYR of Sweden1-2

▼手にシールを張ってもらい上機嫌の子ども。

Sweden Kids Week 2013_LUNDMYR of Sweden2

他にもたくさんのブランドが入っていたのですが、なかなかの人気っぷりで写真が撮れず!気になったブースをさーっと撮影してきました。

玩具を体験できるブースもあり、意外と長い時間遊べそうな感じでしたが、他の予定もあったのでここで断念!海外のおもちゃは、日本の玩具とは雰囲気が違い、何か新鮮な感じがしましたね!

予想以上に子どもが楽しめたので、また開催することがあれば是非参加したいです!Sweden Kids Week 2013(スウェーデン・キッズ・ウィーク)のご紹介でした。

Sweden Kids Week 2013_PIPPI2

▼子どもがずっと握って離さなかったのがこちらのお巡りさん。お勤め、ご苦労様です。

Sweden Kids Week 2013_PIPPI3

PA270042

スポンサードリンク


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 日本の食材とルイボスティ

    日本の食材と組み合わせた珍しいフレーバールイボスティーに注目!【PR】

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

  1. Amazonファミリー
  2. スージングナチュラルズすこやかナチュラルローション
  3. Amazonファミリーでおむつを
ページ上部へ戻る