歴史がずらり!原画がずらり!六本木で開催中の「スヌーピー展」に行ってきた!#snoopyten

六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催されている「スヌーピー展 しあわせはきみをもっと知ること」の初日に行ってきました!入口ではスヌーピーがお出迎えということで、子どものテンションもMaxに!

スヌーピー展は、あくまで「スヌーピー展」なので子どもがワイワイとスヌーピーと触れ合えるわけではありませんので要注意ですね。実は、大人がじっくり楽しむことができる内容だったと思います。

会場の中で一番ボリュームがあったのが、原画。何枚置いてあるかはわかりませんでしたが、かなりの枚数が置いてあり読んでいて楽しすぎる!スヌーピーって、こんな4コマ漫画のような落ちまで考えてあるような漫画でしたっけ?!

可愛いだけではない、スヌーピーをはじめとする様々な歴史に触れてきましたよ!

基本撮影NGの会場になっているんですが、一部撮影を解放!小さい子どもも記念撮影ができたのでそれなりに楽しんでいました。ただ、妻曰く「もっともっとゆっくり楽しみたかった・・・。」とのこと。

所要時間は1時間~2時間くらいでしょうか?じっくりゆっくり楽しんだら、もっとかかりそうな気がしますが(笑)2013年10月12日~2014年1月5日まで開催していますので気になる方は是非!

スヌーピー展_パス

■ほとんど撮影できないスヌーピー展を少しだけご紹介!

原則撮影はNGであるスヌーピー展ではありますが、もちろん撮影可能な場所もありましたので少しだけスヌーピー展をご紹介したいと思います!

まず混み具合ですが、予想以上にすいていてびっくりしました。「すいていて」と言っても、展示物を見るために列をなし順番に見ていく感じにはなると思いますが、窮屈すぎて不快になることは一切ありませんでしたね。そういう意味では、子連れでも特に問題はなかったです。(会場の造りもよかったのかも)

平日に来たら、かなり楽しめるかもしれません!

年齢層も家族連ればかりではなく、意外と幅広い年齢層の方が来ていてスヌーピーの人気っぷりが良くわかりました!

▼入口でスヌーピーと記念撮影!

スヌーピー展

入口を入るとすぐに撮影禁止となりますので、簡単な流れを書いておくと下記のとおりです。

  1. 作者チャールズ・シュルツ その人生
  2. 「ピーナッツ」が生まれた場所
  3. 「ピーナッツ」の進化
  4. 「ピーナッツ」の広がり

※4のみ撮影可能

3歳と1歳の子どもが本気で楽しめたのは、スヌーピーが登場してからになりますね。作者の人生やピーナッツが生まれた場所なんかには興味なし!

逆に、大人はその歴史や人物を知ることで1歩深いスヌーピーを知ることができたような気がします。スヌーピーは可愛いキャラクターなんですが、ストーリーを知ることでそれ以上の存在感のあるキャラクターなんだなぁと思いましたよ。

3の「ピーナツ」の進化では、数多くの原画が展示されています。残念ながらすべてを読むことはできませんでしたが、ここが一番楽しかったかも!

正直「スヌーピーにこんなストリー性があったなんて・・・」というのが本音。面白い・・・面白いよピーナッツ。今後、原画展というのがあったら行ってしまうかもしれない・・・。

■壁に書かれている絵やフィギュアも見ておこう!

展示物のほかにも壁に書かれている絵も見ておかないといけないですね!可愛いキャラクターという認識しかなかった私にとっては、新しい世界観に触れることができましたよ。

スヌーピー展_壁の絵

スヌーピー展_壁の絵3

中には、記念撮影が可能な場所もありますので是非楽しんでもらえればと思います。ここら辺でやっと子どものテンションも上がってきました(笑)

この日は、スヌーピーの洋服で臨んだ我が子。願いが叶ってよかったね!

スヌーピー展_壁の絵2-1

写真だとわかりにくいですが、かなり大きなチャーリー・ブラウンたち。記念撮影したかったのですが、子どもが「この人たち誰?」ということで撮影はNGとなりました・・・。

スヌーピー展_チャーリーブラウン&ルーシー

ちなみに、第1会場と呼ばれる展示会場を抜けると、壁一面に絵が描かれています!なんだろう・・・なにかこう・・・お洒落に見えてしまうのはなぜだろう・・・。

スヌーピー展_壁

■写真撮影が可能な「第4章:ピーナッツの広がり」にて

子ども的にはお待ちかねの「みんなが知っているスヌーピー」が登場!第4章のピーナッツの広がりでは、色々なグッズなどが紹介されていました。

キーホルダーでいいのかな?子どもがずっと眺めていたたくさんのスヌーピーたちがいるブース。色々な格好をしたスヌーピーがたくさんいるので飽きなかったようです(笑)

子ども曰く「おじさんがいる?!」とのこと・・・。1つだけ「おじさん」が混じっていたようなんですが、気づいた方がいれば教えてください・・・。

スヌーピー展_スヌーピーキーホルダー

こちらは、レゴ社が作った首振りフィギュア。いいなぁ、1つくらい家にあってもいいなぁ。

スヌーピー展_フィギュア

昔のスヌーピーと、今のスヌーピーでは形も雰囲気も違うんですが、そこら辺を見ることができるのも面白い所かもしれないですね!

スヌーピー展_フィギュア2

スヌーピー展_ぬいぐるみ2

▼スヌーピーの貯金箱

スヌーピー展_スヌーピー貯金箱

▼250個限定のハンドバッグ

スヌーピー展_バッグ

■第2会場はグッズショップに直通で案内されます。

スヌーピー展は、展示会場を第1会場、グッズショップを第2会場としているようで、展示を見終えた方は自動的にそのまま第2会場のグッズショップに案内されます。

子どもがぐずり始めたので、「子どもが欲しがった最小限の物」しか買いませんでしたが、色々なグッズがあってここも見ものですね!

子どもが選んだ2つのお土産はこちら。

▼バケツは他の用途で活用しよう!(クッキー)

スヌーピー展_お土産

▼1つ1つに絵が入っている飴!もちろんスヌーピーの絵もあります

スヌーピー展_お土産2

■チケット購入について!

我が家は、プレミアムグッズ・セット(2,000円)を購入していたので、下の写真の「スヌーピー展入館券」「オリジナル封筒に入ったポストカード5枚」がついてました!

また、その他にも「フィギュアセット」や「プレミアムパスポート」なんてものあったんですね!フィギュアはかなり魅力的ですが、8,000円か・・・。(プレミアムグッズ、フィギュアセット共に終了しています)

スヌーピー展_プレゼント

  • 一般・大学生(2,000円)
  • 中高生(1,500円)
  • 4歳から小学生(800円)

2013年10月12日~2014年1月5日まで開催していますので、気になる方は是非見に行ってみてください!

スポンサードリンク


海外でもネット環境を!


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 指1本で調節可能!日本の職人が作った独自構造のカメラストラップ!(PR)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る