ハウステンボスで寄っておきたいお店その1:マイナス10℃のカフェ「フラワーアイスカフェ」は子どももカメラもOK!

夏場に行ったこともあり、ここは最高の避暑地となりました!テーブルやイスなども氷でできているマイナス10℃のカフェ「フラワーアイスカフェ」。氷の世界で、氷のグラスでドリンクを飲むというとてもおしゃれなカフェです。

1歳の子どもは抱っこして入り、3歳の子どもは自分でコートを着用して入りましたが、特に問題はありませんでしたよ!さらに、私は一眼レフカメラを持って入りましたが、ずっと外に出しているわけではないので、特に壊れることもなかったです。

長居はできないけど、インパクトに残るカフェとなりました!

フラワーアイスカフェ_氷のグラス

■受付でドリンクを注文し、コートを借ります

夏場の日中はやはり大人気でしたね。お店自体は決して大きくはなく、人数的には10人いけるかな・・・というくらいです。ただ、マイナス10℃の場所に1時間もいないので、回転率は比較的高かったような印象ですね!

入口に有料ロッカーがありますので、できる限り身軽な状態ではお店に入れるようにすると良いと思います。

フラワーアイスカフェ

受付にて「ドリンク」を注文。ソフトドリンクやお酒も置いてあったともいます!また、改めてオフィシャルページを見てみると「ホットドリンク」「スープ」なんかも注文できるようなので、寒いのが苦手な方は是非。

コートはさすがに3歳児用の物はなく折りたたんで着させてもらいました!

フラワーアイスカフェ_子ども

■マイナス10度の世界でも、撮影可能でした!

かなりビビりながらカメラを持ち込んだんですが、特に問題なく撮影することができましたよ!お店の方に聞いたところ「カメラを持ちこんで壊れてしまったという話は、今のところありません!ただ、自己責任でお願いしますね(笑)」とのことです。

ずっと置いておいたらまずいと思いますが、首から下げてコートの中に入れておく分には全く問題なかったです。

フラワーアイスカフェ_店内

店内には、氷のイスと氷のテーブル、氷のオブジェがずらり。季節によってオブジェが変わるそうなので、もしかすると冬に向けて変わっているかも。

フラワーアイスカフェ_店内4

▼氷漬けの雪だるまと花

フラワーアイスカフェ_店内2

注文したアイスコーヒーはこんな形で手元に届きます。氷のグラスは、そのまま持ち帰れますので園内散策中もキンキンのアイスコーヒーが楽しめます!

グラスは溶けてなくなりますので、ごみはビニール袋のみ。

フラワーアイスカフェ_コーヒー

入場料500円(パスポート・パスカードをお持ちの方は200円)に、ドリンク類などは別途追加になります。さらに、氷のグラスも追加料金になりますので、アイスコーヒー1杯で考えると意外と高い(笑)

ただ、1度は体験しておくと良いかもしれませんね!そして、夜の時間帯も営業しているので、ここでお酒を飲むってのも楽しそうだなぁ。機会があれば試してみたいところです!

1点注意事項としては、汗だくで入店すると汗が凍る恐れがありますのでお気を付けください!

▼長崎の子連れ旅行のレポートを下記にまとめていきます!

http://nochineta.net/archives/category/travels/nagasaki-huistenbosch

スポンサードリンク


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. BRIGHT BUGZ(ブライトバグズ)

    BRIGHT BUGZ(ブライトバグズ)が驚きと会話を生み出す!光を操る姿に子どもも大人も夢中にさせるよ!(AD)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

  1. Amazonファミリー
  2. スージングナチュラルズすこやかナチュラルローション
  3. Amazonファミリーでおむつを
ページ上部へ戻る