「お花の部屋に泊まりたい!」ハウステンボス唯一の園内ホテル「ホテルアムステルダム」のローラアシュレイコラボルームが豪華!

家族4人でのハウステンボス旅行1泊目のホテルは、ハウステンボス唯一の園内ホテル「ホテルアムステルダム」です。

追加料金(6,000円だったと思います)は発生してしまうがローラアシュレイの部屋が空いてますよ?とフロントで言われたので、当日グレードアップ!アメニティにはロクシタンなんかも用意されていて、妻が大満足でしたよ!

長女も「お花のお部屋で寝んねしようよ!」と、かなり満足な部屋だったようなので1泊目からかなりの満足度に満たされました。

さらに!

最上階の4階全てがローラアシュレイコラボになっているのですが、この階に宿泊している人限定のローラアシュレイで統一された専用ラウンジもありましたよ。

・・・それにしても、ハウステンボス直営のホテルの接客は素晴らしいですね。若いスタッフも多かったと思いますが、子どもに優しく本当に助かりました!

良いホテルにいいスタッフがいる。これは最高です。

ホテルアムステルダム

■園内にあるホテルアムステルダム。

ホテルアムステルダムの場所はウェルカムゲートの真逆にありますので、園内バスや専用のリムジンバスなどで向かうと便利です!

我が家はリムジンバスで向かったこともあり、裏側の「ハーバーゲート」にてチケットを購入しチェックインしましたが、ウェルカムゲート側からくる場合「場内ホテル受付」というものがあるそうです。そこで荷物などもホテルに運んでくれるはずです!

旅行会社やプランによって異なりますので確認してから出発したほうがよさそうですよ。

・ホテルアムステルダム

http://www.huistenbosch.co.jp/hotels/am/ticket/

ホテルアムステルダム2

メイン通りから通路をくぐるとホテルアムステルダムの入り口があります。(上の写真)

造りには本当にこだわっているようで、雰囲気が抜群!中庭もおしゃれですよねぇ。個人的には、真夏に汗だくで遊ぶ場所ではなく、春や秋など落ち着いた気温の時にのんびりした旅行に最適なんではないかと感じましたよ。

もちろん、アトラクションやショーやアスレチックなどもあるので盛り上がることは間違いなし!どちらも楽しめるハウステンボスですね。

ホテルアムステルダム_2-1

長い廊下を抜けてローラアシュレイコラボルームへと進みます!

ホテルアムステルダム3

■贅を極めるローラアシュレイルーム!

「アムステルダム」ということはオランダをイメージしたということになるのかな?ローラアシュレイとコラボすることでより華やかさが増すとでも言いましょうか。明るすぎない雰囲気のある部屋がよりいっそう魅力的になってましたね!

ローラアシュレイの家具や雑貨ではない部分もお洒落にシックにまとまっている感じです。

ホテルアムステルダム_ローラアシュレイコラボルーム3-2

カーテンや壁紙、ベッドカバーなんかも花柄で統一されているまさに「お花のお部屋」となっているわけです。

しかも、世界トップベッドブランドの「シモンズ」のマットレスを使っているんだって!さらに、アメニティの1つであるシャンプーなどにおいては「ロクシタン」を用意。見た目だけじゃなく、そういうところにもこだわっているローラアシュレイルームなわけです。まさに贅の極み。

ホテルアムステルダム_ローラアシュレイコラボルーム3

ホテルアムステルダム_ローラアシュレイコラボルーム5

ちなみに、今回の部屋はパーク側ということでオランダ・ゴーダ市の市庁舎を再現した「スタッドハウス(横)」が見えます。ショーやイルミネーション、プロジェクションマッピングなどもここでやっていますね!

ホテルアムステルダム_ローラアシュレイコラボルーム7

■小さな子どもと一緒に行くからこそ気になる部分!

まず、小さい子どもは寝相が悪い場合が多いと思います。ホテルのベッドは少し高さがありますので、落下は避けたいところです。

そこでスタッフにお願いしてベッドを壁にベタ付してもらいました!これでこの面から落ちることはなくなりました。

後は反対側に親が寝つつさらにベッドガード的なものを取りつけて対策は完了!どのホテルでも対応してくれますので、気になる方は相談してみてください!

ホテルアムステルダム_ローラアシュレイコラボルーム4

また、子ども用の歯ブラシも用意してくれました。子連れ旅行は、子ども用のアイテムをどれだけ現地調達できるかという部分もカギですので、ちゃんと用意してくれるのは非常にありがたい!しかも、パッケージもちゃんと子ども用(笑)

ホテルアムステルダム_ローラアシュレイコラボルーム6

■ローラアシュレイのインテリアで統一したカフェラウンジ!

4階がすべてローラアシュレイルームとなっており、そこに宿泊している方のみが使える専用ラウンジがあります。インテリアもローラアシュレイで統一し、何とも豪華なおもてなしです!

しかも朝7時~23時までと意外と長い時間やっているので、ちょっと一息つきたい時なんかは重宝します。

ホテルアムステルダム_ローラアシュレイコラボルーム専用ラウンジ

ソフトドリンクやパンなどが置いてあり、時間によって軽食も準備してくれる専用カフェラウンジ。もちろん無料で使用可能で、終日誰かしらいる感じですね。

特に朝、昼の時間帯はかなり込み合いますが、せっかく泊まったのであれば1度と言わず何回も利用したいところです(笑)窓からは、海が見える雰囲気の良いカフェラウンジです。

ホテルアムステルダム_ローラアシュレイコラボルーム専用ラウンジ3

ホテルアムステルダム_ローラアシュレイコラボルーム専用ラウンジ2

▼子どもは、パンとソフトドリンクでひと休憩。

ホテルアムステルダム_ローラアシュレイコラボルーム専用ラウンジ4

ホテルアムステルダム_ローラアシュレイコラボルーム専用ラウンジ5

「お花の部屋」というネーミングで子どもも喜んでましたし、妻も部屋のクオリティに満足していました!優雅なひと時を演出してくれるローラアシュレイルームはかなりお勧めの部屋だったと思います。

ちなみに、朝食がセットのプランだったのでホテルの1階にあるレストランでバイキングを堪能。8時前後の時間帯が非常に混むそうなので要注意です。

旅の拠点を園内持つことで遊びの幅が広がるかもしれません!さて、ここからどこに行こうかなぁ。

▼長崎の旅を下記にまとめていきます!

 http://nochineta.net/archives/category/travels/nagasaki-huistenbosch

▼この日はちょうどシャンデリアの電球替えに遭遇。珍しかったので写真を撮っちゃいました(笑)ご苦労様です。

ホテルアムステルダム_ローラアシュレイコラボルーム101

 

ちなみに、ローラアシュレイは今年で60周年とのことです!そんなに昔からあるとは思っていませんでしたよ。古き良きものはいつまでも残るものですね。

・ローラアシュレイ

http://www.laura-ashley.co.jp/index.html

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 無料体験から広がる魅力がそこに!ネスカフェ アンバサダー出張デモサービスを体験!(PR)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る