ポイントは収納方法か?!抱っこ紐を作ろうプロジェクト第1回座談会を開催しました!

9月18日に「抱っこ紐を作ろうプロジェクト」の第1回目の座談会を開催しました!

今回の座談会では7名のブロガー(子ナビ含む)と1つのメディアにご参加いただきまして「メーカーに抱っこ紐の良し悪しを伝える」をテーマとし、ざっくばらんにお話させていただきました。

使っていれば、良い所も悪い所も感じるでしょうし、メリットの裏返しはデメリットですしね。この会で出た意見と、事前にご投稿いただいた意見を含めてメーカーさんがどのように受け止めたのか!

今後の展開に期待して待ちたいと思います。

差っこ紐プロジェクト座談会

■抱っこ紐プロジェクトはイマココ。

先にプロジェクトの流れを簡単にお話しますね。

事前にFacebookやTwitterなどで抱っこ紐の良し悪しについてご投稿いただきつつ、「直接話を聞きたい!」というメーカーさんの意見もありヒアリングを目的とし今回の「座談会」を開催しました。

ヒアリングをもとにサンプルを制作し商品化という流れで進めていく予定です。第2回、第3回のタイミングがいつになるかは今後追ってご報告させていただきます!

今後もご意見などあればブログのコメント欄やTwitter、Facebookなどなどコメントをくださいませ!

抱っこ紐プロジェクト

■メーカーさん含む9名で座談会スタート!

ご参加いただいた9名の方々には、それぞれ抱っこ紐の思うところをお話してもらいました。

紅一点となってしまいましたが、ママさんにもご参加いただけたのも良かったです!主夫でない限り、抱っこ紐の利用頻度はママの方が圧倒的なわけですから「どっちも納得できる」というのは重要なポイントですよね。

また、「パパがママに勧めやすい」というお話もありました。これもかなり重要。共用のアイテムというのはうまく落としどころを見つけなくてはいけません・・・。

そして、今回はメンズファッションブランド「ネクサスセブン」の今野氏にも参加いただき、意見を聞いてもらいました!メンズファッションブランドが考える抱っこ紐と聞くだけで、今ある抱っこ紐よりもオシャレ度がアップすることに期待してしまいます(笑)

▼座談会に参加したネクサスセブンの今野氏

抱っこ紐を作ろうプロジェクト_ネクサスセブン

■修理保証も対応!ボディ部分がメッシュでできている国産抱っこ紐

可能な範囲で参加者の皆さんにも抱っこ紐を持ってきてもらいました!その中で「Datti by Little Prince」という国産の抱っこ紐を紹介してくれたOREGADGETのガジ夫さん。

実はフードの部分はメーカーに何回か直してもらってるとのこと。抱っこ紐の良し悪しだけではなく、メーカーとしての対応も重要なポイントなのかもしれないですね。

良いものは長く愛用できるのというのは嬉しいですよねぇ!

抱っこ紐を作ろうプロジェクト_メッシュが重要

抱っこ紐を作ろうプロジェクト_メッシュが重要2

■気が付いたら周りはみんなエルゴだった・・・。

そう語るWorking Mama~yokoのブログ~のyokoさん。はじめはみんな違う抱っこ紐だったんだけど「最終的にはみんなエルゴだった・・・」とのことです。

やはりエルゴのベビーキャリアは抜群の安定感を誇っているようですね。がっちりしていてごつごつする部分はあるにしても、ママパパどちらからも支持される良い抱っこ紐のようです。

逆に言うと「みんなと差別化ができない!」という部分は改善できると良いのかもしれませんね。

そして、今回の会で一番濃かったのがこのエルゴの話。

たつをのChangeLogのたつをさんから、ご自身が使っているエルゴについて良い部分、改善してほしい部分など話してくれました。

抱っこしているとウエストのベルトでパンツのポケットが使いにくくなってしまうので、サッと取り出せるポケットがあると便利という意見もありましたね。

同意です・・・。

抱っこ紐を作ろうプロジェクト4

抱っこ紐を作ろうプロジェクト2

また、抱っこ紐の収納の仕方についてもお話がありました。

使ってないときはどのようにまとめておくかというのは結構大きなポイントで「エルゴの上手なたたみ方」も教えてもらいました!

抱っこ紐を作ろうプロジェクト3

抱っこ紐を作ろうプロジェクト_収納

ちなみに私の場合、短い時間であれば腰につけっぱなしにしてしまうことが多いですね・・・。キレイにまとめられるのでばそれにこしたことはない!

この抱っこ紐の収納がうまくいけば、他とは違う新しい抱っこ紐になるかもしれません。ポケットにすっと入れるのか、フードでくるくるっとまとめるのか。どれが答えかは、期待して待ちたいところ。

抱っこ紐を作ろうプロジェクト5

■とはいえ、エルゴを作れば良いわけではない!

と、まとめてくれたのが日曜アーティストの工房のTOMAKIさん。そう、そうなんですよ。ここは重要。

世の中的に新しい画期的なものを作れればもちろんそれは最高ではあるんですが、日本でも海外でも支持されているエルゴをいきなり超えるのは正直難しいでしょう・・・。

だからこそ、エルゴの良い部分はもちろん視野に入れつつ「新しいもの(機能、デザイン、形)」を考える必要はあると思います。

そこは、今回の会を受けて「ファッションブランドが考える抱っこ紐」だからこその、「鞄メーカーが考える抱っこ紐(非公開(泣))」だからこその部分をうまく表現できるといいなぁと感じています。

■最後に・・・

座談会にご参加いただいた皆さん、事前にコメントをいただいたみなさん、ご協力ありがとうございました!

そして、つたない仕切りで大変恐縮でしたがとりあえず無事終了してホッとしている子ナビののっちです・・・。

今後の流れとしては、今回の意見を受けていったんメーカーさん側でのサンプル検討などが入ります。うまくいけば、サンプルを制作してもらいまたこのような会を設けてお披露目ができればと思っています。

そして、最後には商品化!というところまで行けば本当に嬉し限りです。

末永くお付き合いよろしくお願いいたします!

▼ご参加いただいた皆さんはこちら。

▼参加いただい皆さんのブログ記事をまとめています!是非ご覧ください!

http://review.fansfans.jp/campaigns/review/1223/review_1167_0.html

スポンサードリンク


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. TAIKANZ(タイカンズ)エクササイズプログラム

    体幹トレーニングで身体を知る!TAIKANZ(タイカンズ)のエクササイズプログラムに参加してきたよ!(AD)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

  1. Amazonファミリー
  2. スージングナチュラルズすこやかナチュラルローション
  3. Amazonファミリーでおむつを
ページ上部へ戻る