年間パスポートがお勧め!夏のサンシャイン水族館を楽しむために知っておきたいこと

家族で、池袋にあるサンシャイン水族館に行ってきました。

夏場の水族館は最高ですね!近くに「水」を感じることができるし、暗い室内は真夏の外とは別世界ですよ。

また、ビルの中にあるとは思えないくらい種類もいるし、子どもに大人気のペンギンやラッコもいるし、ビルの上でショーまでやってるんですよ。リニューアルしてから初めて行きましたが、家族で楽しんでこれたと思います!

サンシャイン水族館を楽しむために知っておきたいことを簡単にまとめてみました。

サンシャイン水族館アクアリウム_ペンギンi

■年間パスポートがお勧めな理由とは?

(1)料金について

我が家からは池袋に行きやすいこともあり「きっと何回も行くよね」ということで、年間パスポートを購入しました。(2013年12月1日より料金改定がありました!)

一般料金は以下の通りです。※( )内は旧料金

  • 大人【高校生以上】 2,000円(1,800円)
  • こども【小・中学生】 1,000円(900円)
  • 幼児【4才以上】   700円(600円)
  • シニア【65才以上】 1,700円(1,500円)

そして、年間パスポート料金は以下の通りです。

  • 大人【高校生以上】 4,000円 ※据え置き
  • こども【小・中学生】 2,000円 ※据え置き
  • 幼児【4才以上】   1,400円(1,500円)
  • シニア【65才以上】 3,400円(3,000円)

料金的には、年間3回以上行ったらお得!ということになります。

ちなみに、子どもが4歳未満の場合、入場料はかかりませんので大人のチケットのみで入れますよ!3歳の誕生日から年間パスポートを買うと、一番楽しめるかもしれません。

また、年間パスポートを持っている方と一緒に行くと値引きになったり、なんと「しながわ水族館」の料金も値引きになるんだとか・・・。

http://www.sunshinecity.co.jp/aquarium/info.html(一般料金)

http://www.sunshinecity.co.jp/aquarium/passport.html(年間パスポート)

(2)混雑を回避できる!

サンシャイン水族館で行列ができるのは「エレベーター」と「チケット購入」です。

ビルの中にある手前エレベーターの列は解消できないと思いますが、エレベーターを降りてからもチケットで並ばないといけないのです。

当たり前ではありますが、年間パスポートはチケット購入はいりませんのでそのまま通過できます。これはスムーズ。

(3)年間パスポートが子どもとの記念になる!

サンシャイン水族館の年間パスポートは、その場で顔写真を撮り発行してもらいます。

その顔写真なんですが、何と子どもと一緒に撮影して良いとのこと!!これは嬉しい。

まぁ、子どもが成長するにつれ「自分のカードがほしい!」と言われるような気がしているので、今しかできないかも?!と思い一緒に撮影してもらいましたよ(笑)

サンシャイン水族館アクアリウム_年間パスポート

■それでは、水族館の中へ!カメラ撮影はフラッシュなしで!

水族館の中は、混雑状況によってベビーカーの使用ができない場合がありますので、必要であれば抱っこひもを持っていくと便利だと思います。

もちろんこの日は年間パスポートを持っていなかったので、エレベーターで並び、チケット購入で並び、水族館への道のりはなかなかのものでしたよ・・・。

平日に行ければもっと楽しめるかなぁ?と、考えながらとりあえず中へと進んでいきます。

水族館って撮影できるんだっけ?と思ってカメラは構えていなかったのですが、フラッシュ撮影が禁止で普通の撮影は可能とのこと。

ということで、途中までiPhoneで撮影!

サンシャイン水族館アクアリウム2

この日は休日ということもあり、小学生くらいの子どもたちがたくさんいましたね。それもあってか、カメラマンの数が本当に多かった!

写真を撮ろうとするとどうしても流れの妨げになってしまうので、撮影するにしても周りに迷惑をかけないように撮影したいところです。

とはいえ、子どもにカメラ渡して水族館で好きな魚や動物を撮って見よう!みたいなコミュニケーションができると、確かに楽しいですよね!

サンシャイン水族館アクアリウム3

進んでいくと、いきなり小さな水槽がありまして・・・

なんとサンシャイン水族館にはクリオネもいたのです!一眼レフを持っていくべきだったと思いながら、iPhoneで撮影。

初めてクリオネを見ましたが、確かにかわいい。家の水槽で泳いでいたら癒されそうだなぁ。

サンシャイン水族館アクアリウム_クリオネ

ここまで小さめ~中くらいの水槽がたくさんあるという印象でしたが、大き目の水槽もちゃんとありました!

また、なんとラッコまで屋内にいるのでびっくりしましたよ。ラッコはかなり人気で、常に人だかりがあるような状態でしたね。

子どもの身長では見えないので、肩車ができると良いかもしれません。子どもよりも大人がでしゃばってしまうとかなり迷惑になるので気をつけましょう(笑)

サンシャイン水族館アクアリウム4

サンシャイン水族館アクアリウム_ラッコ

■暗い世界にふわふわと浮いているクラゲたち。

屋内で一番涼しさを感じたのがクラゲゾーン!ここでは、左右上に水槽がありクラゲトンネルのようなゾーンがあります。

また、下から上に伸びる円柱の中をクラゲが泳いでいる姿も見ることができました。ライトアップされると、クラゲってこんなにも神秘的になるんですねぇ。

サンシャイン水族館アクアリウム_クラゲ

(こちらはタコのような足をもつクラゲ)

サンシャイン水族館アクアリウム_タコクラゲ

■屋外に出るとアシカとペンギンが登場!

屋外(もちろんビルの上)に出ると、アシカやペンギン、その他の動物のコーナーがあります!

この日アクティブだったのがこのペンギンたち。

上野動物園に行った際には全く動かなったペンギンたちですが、サンシャインのペンギンたちのアクティブさはすごい!

サンシャイン水族館アクアリウム_ペンギン

泳いでいるペンギンも多いし、初めに紹介した写真のように潜っている様子も見ることができます。

また、水槽が目の前にありますのでかなり近くでペンギンを見ることができますよ!

水槽に手を入れられるくらいの距離にあるので、注意書きには「手を近づけると噛まれる恐れがありますのでお気を付けください」とのこと。

サンシャイン水族館アクアリウム_ペンギン2

サンシャイン水族館アクアリウム_ペンギン3

■まとめ

  • 年間パスポートは記念にもなるし、年間3回くらいは行きそうだよね、という方はお勧めです。
  • 3歳の誕生日から年間パスを購入すると、かなり有効的。ただし、季節は問わずあくまで「お得」という話
  • 池袋近郊の方は買うべき!
  • 入口の行列は、エレベーター待ちの行列なので登ってみるとさほど混んでいないこともある。
  • 都会にある水族館は、真夏の苦しさを忘れさせてくれる効果あり!
  • ビルにある水族館なのに屋内と屋外が用意されていて、意外と楽しめる。
  • 屋外ではショーもやっているので時間をチェックしておくと良い
  • 1度くらい平日のすいている時間に水族館を堪能してみたい!
  • 館内のレストランは、混みすぎていて待たずに食べることは不可能。
  • 池袋にいるわけだし、食事は館外に繰り出すのも楽しみの1つ。

以上、夏のサンシャイン水族館レポートでした!

▼その他、子どもと一緒に遊びに行ったレポートはこちら!

http://nochineta.net/archives/category/play-with

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 【Revo体験レポート】中学校で学んだ単語を覚えてなくても大丈夫!復習に力を入れた英会話教室Revoを体験してきたよ!(PR)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る