寒天とにがりを使用した粘土!ボーネルンドの「かんてんネンド studio(スタジオ)」を使ってみた!

世界の知育玩具を取り扱っている「ボーネルンド」にて、子どもに安心の粘土「かんてんネンド studio(スタジオ)」を買ってもらいました!

粘土は、力を加えたり小さく丸めてみたりと手先が器用になりそうですよね!

最近では、昔私たちが使っていたような粘土ではなく「小麦を使った粘土」なんかも有名ですね。

でもボーネルンドのかんてんネンドは、その名の通り「寒天」を使った粘土とのこと!

小麦アレルギーの子どもも増えていることもあり、より安全な食品素材を使用しているんだって。

さて使い心地はどんなものなんだろう?

・ボーネルンド

http://www.bornelund.co.jp/

かんてんネンドstudio

■買ってもらった粘土と動物の型たち!

かんてんネンド studio(スタジオ)は「白」「赤」「黄」「青」「緑」「オレンジ」「ピンク」の7色があるようです。今回は、その中でも汎用性が高そうな色をお店の方に選んでもらったんだとか!

見た目は、普通の粘土よりもつやつやしている感じかな?やはり寒天も入っていることだし、プルプルな粘土なんだろうか・・・。

ちなみに、この粘土には「にがり」が入っているようで、口に入れても苦くて飲み込みにくくなっているそうです!

※寒天とはいえ、粘土は食べて良いものではないので誤飲には気をつけましょう。

かんてんネンドstudio_4色

また、合わせてBaking with Animalsという型抜き用の動物たちを買ってもらいました。13種類の動物の型抜きは、粘土の型抜きはもちろんクッキーなどにも使えます!

スタジオという粘土は先ほどもご説明した通り「寒天」を使っていますので、水洗いすればクッキーの型として使っても何の問題もないんだとか。

これは良いですねぇ。ご飯を詰めて出してあげても喜んでくれそうだなぁ(笑)

かんてんネンドstudio_動物の型

かんてんネンドstudio_動物の型2

いくつか何の動物かわからないのもありますが、これだけあれば飽きなさそうですね(笑)

対象年齢は3歳ころからとなっていますが、動物を理解していれば楽しいこと間違いなしです!

ちなみに、うちの子のお気に入りは「象さん」とのことです。

かんてんネンドstudio_動物の型3

■実際に「かんてんネンド」を使ってみよう!

手触りとしては、やはり普通の粘土よりもプルプルしています。粘り気はなく、プチっと切れてしまう感じです。

ただ、この粘土は「練れば練るほど粘土っぽくなる」というのが特徴!温まることでより滑らかな粘土になってきますので、色々な形にしやすくなります。

滑らかになった時のこの粘土・・・手触りが気持ちよすぎるっ!

かんてんネンドstudio1

とりあえず、まずは子どもに自由に触ってもらいました!

ちぎってみたり、丸めてみたり、棒状にしてみたりと思い思いに触ったあと、組み合わせられることに気づき色々な形の粘土をつなげていました。

かんてんネンドstudio2

そして、動物の型でくりぬいていきます。

実は、粘土を平らにするめん棒のようなものはなく自力で平らにする必要があるので、子どもだけだとうまくいかないことがあります。

そんな時には、ペットボトルや缶などで代用するとキレイに伸ばせ型も抜きやすくなりますのでお試しあれ!

かんてんネンドstudio7

こんな分厚い状態でくり抜こうとしても、もちろんできませんね・・・。

また、キレイにくり抜くには型をぎゅっと押し込んだ状態で周りの余分な粘土を先に取ってしまうのが良いと思います!

かんてんネンドstudio4

かんてんネンドstudio5

■かんてんネンドの注意事項

遊んでいて気付いたことも含め、この粘土で遊ぶ際の注意事項などまとめておきます。

  1. 紙の上で遊ばない
  2. 粘土を混ぜるときは少しずつ混ぜる
  3. 乾いてしまったら濡れタオルで一晩くるんでおくと元に戻る
  4. あえて乾かすことで消しゴムのように固まる

粘土板はないしテーブルで直接遊ぶのも嫌だから・・・といって、紙などで代用しないようにしてください!粘土が乾いていく過程で、紙にくっついてしまう可能性があります。

食品素材ですし、そもそもテーブルや手にはくっつきにくい粘土なので、テーブルなどで遊んでも安心安全です!

また、色を混ぜることで何色にも変わるこの粘土ですが、言うまでもなく1度混ぜた色は戻ることはありません・・・。最終的に全部を混ぜて1色になってしまわないようにしたいですね!

粘土自体は、そのまま置いておけば消しゴムのような感じに固まっていきます。

作品としておいておくのも良いですし、水分を持たせてあげればまた元通りにもなるので遊び方は様々ですね。

かんてんネンドstudio6

せっかくなので、週末にでも動物の型でクッキーでも焼いてみようかなぁ?

それにしても、このボーネルンドには魅力的なおもちゃが多いので今度じっくりとみてみたいところです!

▼その他、おもちゃのレポートはこちら!

http://nochineta.net/archives/category/toys

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 【Revo体験レポート】中学校で学んだ単語を覚えてなくても大丈夫!復習に力を入れた英会話教室Revoを体験してきたよ!(PR)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る