今年の夏はペーパーハットにする?ストローハットにする?涼しげな雰囲気が魅力的!

夏に向けて日差しが強くなると必須アイテムとなってくる帽子ですが、私のお気に入りのドイツの雑貨ブランド「maximo(マキシモ)」とフランスの子ども服ブランド「Lili Gaufrette(リリーゴーフレット)」から、夏っぽいハットをご紹介。

帽子好きの私にとっては、夏じゃなくても帽子は必須なんですけどね(笑)

とりあえず、ペーパーハットとストローハットの2種類をご紹介したいと思います。あと、最後にコーディネートイメージも撮影してきましたのでよろしければ。

※撮影協力:TAKAKO(ヨーロッパ直輸入の子ども服セレクトショップ)

ドイツマキシモ_ペーパーハット2

■マキシモのペーパーハットが軽い!!

上の写真は男の子用、下の写真は女の子用になります。なんか、上のハットは女の子でも可愛いような気がしますけど!

ペーパーハットの魅力は「軽い」「安い」といったところでしょうか?あとは、素材が非常にやわらかいのでかぶってもあまり違和感がないかもしれませんね。

わかりやすいデメリットは「水に弱い」という部分。

もちろん「濡れると溶けだしてしまう・・・・」という事はありませんが、徐々に弱っていくのは確かです。まぁ、価格帯が低いので今年用の帽子!という心づもりでいれば何の問題もないかと。

ちなみに、男の子用の帽子は3,600円。下の写真はも同じくらいだったかな?

ドイツマキシモ_ペーパーハット

■ストローハットで大人なコーディネート!

まぁ、ハットの形次第ではあるのですが、大人なコーディネートが可能になるかと。やはり見た目で少し印象違いますよね?

フランスリリーゴーフレット_ストローハット青

こちらの帽子は、フランスのLili Gaufrette(リリーゴーフレット)というブランドの帽子。3色の花柄の生地が印象を変えてくれます。

個人的にはピンクと青が好きかなぁ。夏は明るい色だけが映えるわけではなく、強い光に濃い青色とかがキレイに見えたりしませんか?

こちらの帽子は、4,900円とのこと。

フランスリリーゴーフレット_ストローハット緑

ちなみに、このブランドはLili Gaufrette(リリーゴーフレット)Amazon店があり、ネットから簡単に購入できます!(TAKAKOとどちらが高いかは比較しいてくださいませ!)

また、新宿タカシマヤに続き、Lili Gaufrette 六本木ヒルズ店もオープンした模様です!これは気になる。

■コーディネートについて

TAKAKOにてコーディネートされていた2体を撮影。

おしゃれすぎる!

ハットコーディネート2 ハットコーディネート

 

この夏も、爽やかに過ごしていきたいですね!

スポンサードリンク


海外でもネット環境を!


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 【Revo体験レポート】中学校で学んだ単語を覚えてなくても大丈夫!復習に力を入れた英会話教室Revoを体験してきたよ!(PR)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る