手書き風なデザインが可愛すぎる!ドイツMAXIMO(マキシモ)のレインブーツをご紹介。

昨年一目ぼれして購入したドイツの「MAXIMO(マキシモ)」というブランドのレインブーツですが、今年新しいデザインが入荷されていたのでご紹介したいと思います!

手書きでデザインをお越し、それをプリントしている感じなのかな?子どもらしい「可愛らしさ」があるレインブーツだと思います!

女の子用も男の子用もありますので、ぜひ。

※撮影協力:TAKAKO(ヨーロッパ直輸入の子ども服セレクトショップ)

2013_ドイツマキシモ_レインブーツ

■「雨の日」のための靴だけど元気になれるかも。

全体的に明るいイメージのレインブーツが多い印象です。しかも手書き風という部分が本当にお気に入りのポイントなんですよねぇ。

レインブーツ全体の写真と、拡大写真を載せておきますのでイメージが伝わればと思います。

今回は5種類のデザインをご紹介しますが、サイズによって別のデザインも用意されているようでしたので、気になる方はお問い合わせてみてください!

(ちなみに、今回ご紹介するレインブーツの金額は全て3,900円です)

まずは、花柄のレインブーツ。オレンジを基調にしたレインブーツは、日差しが弱い雨の日でも目立ちますね!

ひまわりかな?と思いきや、ピンクの花もあるな・・・。

また、各レインブーツに共通している靴の上部にある「グレーの帯」は、反射素材を使っているので夜道でも安心です。

2013_ドイツマキシモ_レインブーツ1

※下記、参考写真

maximo(マキシモ)_レインブーツ5

拡大すると手書き風の絵が伝わりやすいですかね?「筆で描いた感」というのが重要。

2013_ドイツマキシモ_レインブーツ2

こちらは、青を基調にした男の子用のレインブーツ。青い空を少年の乗った飛行機が飛んでいる様子が描かれています。

この絵を「雑な絵」ととるか「可愛い手書き風な絵」ととるかは人それぞれかもしれませんが、それくらいで良いんだよなぁ私は思います。

子どもの可愛らしさを表現したこのデザインが私は好きです。

2013_ドイツマキシモ_レインブーツ3

空の「青」は完全に塗っているあとが残ってますね(笑)

このような「跡」ですらデザインの一部になっているというわけ。

2013_ドイツマキシモ_レインブーツ4

こちらは、ピンクを基調にした花柄のレインブーツ。オレンジの花柄の絵よりも「線」が多いので印象が変わりますね!

私個人としては、初めにご紹介した絵の方が好きだなぁ。

2013_ドイツマキシモ_レインブーツ5

そして、男の子と言えばやはり「汽車」でしょう!ちゃんと煙突から煙も出てますね!

それにしても、男の子用の色合いはやはり青系が多いのかなぁ?オレンジや明るい緑とかもあってもよいかも。

2013_ドイツマキシモ_レインブーツ7

そして最後に、少しテイストが違う花柄のレインブーツ。これも手書き風になるのかな?

よくみると、形が不ぞろいな部分があるしこれはこれで可愛らしいデザイン!

2013_ドイツマキシモ_レインブーツ9

2013_ドイツマキシモ_レインブーツ10

ちなみに、昨年私が人目ぼれして購入したレインブーツがこちら!

子どももこのレインブーツが好きなようで、雨が降った時には履いてくれています。

maximo(マキシモ)_レインブーツ

・ドイツmaximo(マキシモ)のレインブーツが可愛すぎるので即買いしました!

http://nochineta.net/archives/9192

手書き風なデザインが可愛すぎる、ドイツMAXIMO(マキシモ)のレインブーツのご紹介でした。

▼その他の「靴」のレポートはこちら

http://nochineta.net/archives/tag/shoes

▼その他のTAKAKOの洋服レポートはこちらです!

ヨーロッパの子ども服を中心に、TAKAKOで取り扱っている洋服は日本でも珍しいブランドが多くあります。実際に手に取ってお店で確認できるのは嬉しいですよね!

ご興味ありましたらその他のレポートも合わせてご覧くださいませ。

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 家が落書きだらけにならないために!そして知っておくと便利な引っ越し情報サイトの引っ越さなくても使える情報について!(AD)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る