「そろそろカメラを買おうかしら・・・」と思っている人におくる無駄な買い物をしないためのメモ。

現在、色々あってコンデジ(IXY)、ミラーレス(Sony NEX-5NOlympus PEN)、一眼レフ(EOS Kiss X5)と3種類4つのカメラを持っています。

もともとは手軽さを求めコンデジを多用していたのですが「一眼レフカメラの写真のキレイさ」「撮影の楽しさ」を体験することがあり、EOSを購入。

「子どもが生まれるし(生まれたし)、カメラでも買おうかしら」

「綺麗な写真が撮りたい!」

「記録ようにカメラを買おう」

などなど、カメラを購入する際には色々な動機があると思います。私の考えとしては「何用のカメラなのか?」「なぜ買おうと思ったのか?」など、購入理由を自分の中に落とせるかどうかがカギだと思っています。

種類の違うカメラを使ってみた感想をもとにまとめましたので、ご参考になれば。

EOSorNEX_0

■まずは金額感(予算)を確認しておこう!

コンデジにしてもミラーレスにしても一眼レフにしても、良いカメラほど高いのは当たり前。そして、高いカメラほど機能性も高いというのも事実です。

ミラーレスカメラや一眼レフカメラは、コンデジに比べ平均単価は高くなっていると思います。新作であれば3万円なんて軽く超えてきますからね。簡単な買い物ではありません・・・。

また、コンデジでもソニーの「サイバーショット DSC-RX100」なんかは、コンデジなんだけど撮影される写真のクオリティはかなり高い!使ってる方のブログはこちら。夜景がかなりきれいだなぁ。

DSC-RX100

・SONYのRX100は非常にバランスがいいコンデジだと思う

http://tokyoholic2007.blogspot.jp/2013/01/sonyrx100.html

ソニーストアーで確認したところ、金額は「64,980円(税込)」とのこと。6万円出せば、ミラーレスだって一眼レフだって買えてしまうわけなんですよ。私が持っている4つのカメラよりも高いっ!

ということで、今となってはお金を出せば「キレイな写真を撮れるマシーンを買える」という事になりますね。

カメラは本当にピンキリで、安いものもあれば、高いものもいくらでも存在します。まずは、予算を決めてみるのも良いかもしれませんね!

■必ず用途を確認する!

初めに書いたように「子どもが生まれるし(生まれたし)、カメラでも買おうかしら」など、カメラ購入の動機は様々なので、用途も様々。

「手軽さ」だけを重視するのであればコンデジが圧倒的。ただ、カメラの能力のピンキリ幅が広いのも事実。写真の構図は勉強と経験で埋まりますが、カメラそのものの能力は上がることはありません。

ということで「お金」だけでカメラを選ぶのも危険という事ですね。ちゃんと、用途にあったカメラを選ぶ必要があるかと。あとから「もっとキレイに撮影できるカメラがほしい・・・」と思ったら、また買わないといけなくなります・・・。

ちなみに、私はミラーレスcameraを最後に購入しています。なぜ買ったかというと、過去レビューを書いているのでご参考までに!

NEX-5N

・気になっていたカメラ「SONY NEXシリーズ」を手に入れた!

http://nochineta.net/weblog/archives/9179

■サイズ感を確認する。握りは?重さは?

ある程度予算感と用途が絞れてきたら、必ず気になるカメラを手に持ってみましょう。

カメラは、デザインや形状によって手に合わないという事もあるし、撮影する上では構えたときの安定感なんかも重要かと。また、常に持ち歩きたいと思った場合、重さなんかも重要になりますよね。

量販店などで購入する場合にはかなり限られたスペースになりますが、恥ずかしがらず必ずちゃんと構えて撮影してみることをお勧めします。さらに、もし気になる機種を持っている友人や知人がいるのであれば、持たせてもらったりするのもよいですね。

そして、一眼レフとミラーレスカメラはレンズのサイズなんかも考慮しなくてはいけないですね。

EOS Kiss X5

上の写真は、Canon EOS Kiss X5というカメラ。

キヤノンの一眼レフは「プロフェッショナル」「ハイアマチュア」「エントリー」と3段階あり、この機種はエントリーモデルになります。金額はレンズセットで5万円前後(購入先によって金額差あり)。サイズは、どのモデルよりも小さく使いやすいカメラになっています。

とはいえ、やはりそこは一眼レフカメラ。ファインダーを覗くとこれくらいのサイズ感になります。コンデジやミラーレスに比べ、本体部分が大きくなるので両手でしっかり構える方が安定しそうです。

NEX-5N_2

で、こちらがソニーのNEX-5Nというカメラ。本体の薄さとレンズのアンバランス感が話題になったような気がしましたが、持ち運びやすく片手でも撮影できるし、写真もかなりキレイ!

いつもの生活の中で毎日使う!という方にはもってこいのカメラかもしれません。

NEX-5N

■何を持って「キレイ」かは自分の好みで。

最後は、出来上がる写真について。

こんなこと言ったらヘビーユーザーの方に怒られるかもしれませんが、最近のカメラは本当にオートモードが進化していて、本当に誰でも簡単に「キレイな写真」を撮影することができます。

簡単に「キレイな写真」を感じるには、背景をぼかすというのがわかりやすいですかね?背景をぼかし、被写体が強調されるのでちょっと違う味が出ます!

オートで簡単に撮れてしまうのです・・・。

ゴントランシェリエ_モンブラン

注意しておきたいのが「これはキレイだ!」「これはいい!」と思う写真は、必ず好みが入ってきます。また、写真を撮る上で「作品を撮る」と「日々の思い出を撮る」では大きく違うと思っています。

また、カメラのクセとでも言いましょうか。メーカーの違いが大きな要因だと思いますが、似たような設定で撮影しても出来上がる写真は何か違いが出てきます。そこにも好みが出てくるわけなんですよね。

特に「簡単によりキレイな写真を撮りたい!」という場合には「オートモード」を使う方も多いと思いますが、この時に一番違いが生まれるような気がしています。

これもチェックポイントの1つではないかと。

■コンデジ、ミラーレス、一眼レフの楽しみ方の違いとは?

キレイな写真はある程度のカメラであればどれでも撮影可能。さらに、今ではカメラ任せのオートモードで一定以上の写真は誰でも撮影できる!構図を勉強して、より伝わる写真を撮るのはカメラではなく撮影者次第。

つまり、一定のキレイさで我慢し構図を勉強すれば、一般的に言う「キレイな写真」や「作品」なんかも撮影できちゃいますね!

というこで、楽しみ方の違いを考えてみると「出来上がる写真の幅を広げたいか」という部分が非常に大きくなってくるように感じます。

より細かい設定のできるカメラであれば、より自分の好みに合わせた写真を自分の手で撮影できることになります。また、シーンや場所によって調整することができるのでより最適な写真が撮影できるかと。

また、レンズを交換することでさらに撮影の幅は変わりますよね。

■まとめみるとこうなる

  1. どれくらいの予算で考えてる?
  2. どんな使い方をする予定?
  3. どんなシーンで使う予定?
  4. 出来上がる写真の幅を広げたい?(カメラを勉強したい?)

ここまでい自分の中で落とせていれば、もう少しいいカメラ選んでみようかな?金額を少し下げてみようかな?など、検討の材料になると思います!

カメラは決して安い買い物ではないので慎重に選びたいところですね。撮影してみてわかることが本当に多いので、買う前に使えると良い買い物ができそうです。

とりあえず、まとめてみました。どこか参考になる部分があれば幸いです。

■2種類のカメラで色々撮影してみました!

同じカメラでも色々な撮影ができますねぇ。自分の好みをちゃんと把握するのも大切かも。

EOSorNEX10

EOSorNEX_0

EOSorNEX_8

EOSorNEX_5

EOSorNEX_7

EOSorNEX_6

EOSorNEX_4

EOSorNEX_3

EOSorNEX_2

スポンサードリンク


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 日本の食材とルイボスティ

    日本の食材と組み合わせた珍しいフレーバールイボスティーに注目!【PR】

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

  1. Amazonファミリー
  2. スージングナチュラルズすこやかナチュラルローション
  3. Amazonファミリーでおむつを
ページ上部へ戻る