Pogoplug Family(ポゴプラグファミリー)で、子どもの写真を簡単バックアップ&共有ができる?!

携帯電話のカメラの機能が良くなるにつれ写真撮影をケータイでするなんて当たり前になってきました。

ただ、必ずと言っていいほどぶち当たる壁が「撮った写真どうしよう?」ということ。

とりあえず携帯電話の中には入っていますが、特に印刷することもなく。

だからと言って削除するのも・・・。

保存するにもパソコンに移動させてもすぐ容量がいっぱいになってしまう。

などなど、撮影した写真の使い方や保存の仕方までいろいろと悩みがあると思います。

(妻のiPhoneも容量がいっぱいで、写真もアプリも何もできないとか・・・)

もしかするとそれを解消できるかもしれない!ということで、先日、ネタフルさん主催の「Pogoplug Familyブロガーミーティング」に参加してきました。

このPogoplugなかなかなやつです。

(Pogoplugにはいくつかのサービスがあります。今回はその中の「Pogoplugファミリー」についてになります)

本当はこのレポートで「実際に使ってみた!」というレポートを書く予定だったのですが、まさかの自宅にネット環境がなかったという事実に気づきました。

いつも持ち運べるWi-Fiで対応していたからなぁ、うかつでした。

Pogoplugを使うには、ネット回線などをつなぐ「ルーター」と呼ばれるものが必要になるのです。

例えばNTTのサービス「フレッツ光」などで家に回線を引くと「電話ルーター」というものがついてきますので、これでも対応できます。

実際に使ってみたレポートは後日書こうと思います!

■そもそもPogoplugってなに?

「クラウドサービスで写真を保存!」とよく聞きますが、ものすごく簡単に言うと「お金を払って、web上のどこかのサービスに保存しといてもらう」ということになります。

Pogoplug Familyはというと、Pogoplugを経由することで「ネットがつながっていれば、複数人でバックアップ&共有ができる」わけなんですが、その方法が面白い。

簡単に言うと、Pogoplugは「共有のバックアップ場所を自分で作れる」とでも言いましょうか。

お金を支払ってweb上に場所を確保している他のサービスとは違い、自分の手元にバックアップ場所を作っておけるので安心です。

また、設置や操作が非常に簡単なので、Webサービスはちょっと・・・という方でも簡単に使えるので家族で使うにはもってこいのサービスです。

■USBメモリーや、SDカードを使ってバックアップ&共有!

最大の魅力は、Web上でサービスを借りなくても簡単にバックアップ&共有 ができることです。(Pogoplugの種類によって異なります。)

Pogoplug本体に、USBメモリーやSDカードを差し込み、そこがデータ拠点になります。

今回利用予定の「Pogoplug Family」では、1つのアカウントに対し5人まで登録が可能。

家に余ってるUSBメモリーなど差し込んでおけば、パパ、ママ、子ども、祖父母まで簡単に共有することができます。

「容量無制限」たるゆえんは、「USBメモリー、SDカードを持っていれば好きなだけ使える」というわけなんです。(USBストレージはHDDでもUSBメモリでもOK)

自分でバックアップ先をPogoplugに差し込むので取り出し自由だし、しかもそこへのバックアップや共有もPogoplugを通すことで自動で作業完了!

早く試してみたい気持ちを抑えながら、自宅に回線を引くべく準備しております。

試したらまたご報告しまーす!

■Co-NAVI(子ナビ)より皆さんへ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

よろしければ下記よりCo-NAVI(子ナビ)を応援していただけると嬉しいです!

また、ご意見ご感想などについてはブログコメント欄をはじめTwitter、Facebookよりご連絡くださいませ。

よろしくお願いいたします!

Twitter:@conaviblog

Facebook:http://www.facebook.com/CoNAVI

mixi:http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=194438

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 学校給食を飢餓で苦しむ世界の子どもたちへ!あなたの幸せを少しだけ分けてみませんか?(AD)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る