これから育児・出産を迎える人に読んでほしい私(パパ)の体験談。

育児や出産は、男性も女性も体験しなくてはわからないことだらけで、しかもその中身は本当に人それぞれ。

しかも「これはやっておけば大丈夫!」というような勝利の方程式はないように感じています。

初めての妊娠期、出産、育児、第2子の誕生など、当時の私(パパ)の「体験談」をまとめてみました。情報に左右されてはいけない!とはよく言ったものですが、何かの参考になれば幸いです。

■妊娠、出産を経てパパが学んだ5つのこと。

http://nochineta.net/archives/7540

妊娠期・出産におけるパパ・ママの差は「実体験の有無」にあると考えています。女性にしか体験できないことを男性に実感してもらうのは難しく、色々な葛藤が生まれるようです。

その時、パパに何ができるのか、何をすればいいのか。ということ。

■第2子が生まれた時のパパの心境まとめ。

http://nochineta.net/archives/10201

第2子の誕生は、私たち親が気をつけなくてはいけない部分や自分がすべきことなど、改めて考えさせてくれた機会となりました。

特に、上の子の想いをどれだけくんであげられるかが私は重要だと思っています。

■パパが育児に初参戦する時に注意すべきいくつかのこと。(新生児から1歳半位まで)

http://nochineta.net/archives/7248

「すべてを任せてはいけない!」が「すべてをやってはいけない!」という境界線が存在することを知っておくことがかなり重要になると思います。

また、小さいことからコツコツやっていくだけ実は役に立っていることもあるので、ぜひご夫婦で話す機会を設けてみると良いと思います!

■ママ自慢のパパになるための「初めの4ステップ」を考えてみた

http://nochineta.net/archives/11872

少しでも役に立てるように・・・、というように考えている方がおりましたら、ご参考になれば幸いです。難しいことは特にないのです。今までやっていなかったことを1つずつ実行することができれば、それが一番の近道だと考えています。

■嫁との結論。自称イクメンはイクメンに非ず?「イクメン」はママからの信頼の証だと思う

http://nochineta.net/archives/6740

「イクメン」というキーワードが一般化してきたこのご時世ですが、そもそも自分から「イクメン」というのはどうなんでしょう?というお話。

自称イクメンは本当にイクメンなのか?!

■実体験をもとに「イクメン」について考えてみたいと思う。ママにとってイクメンとは?

http://nochineta.net/archives/8602

「イクメン」という言葉はなかなか「波風の立つキーワード」ではないかと思っています。そもそもイクメンと定義と、ママが必要としているものは一緒なのでしょうか?

■私は、あなたにとって良き「パパ」ですか?(映画「うまれる」を観て感じたこと)

http://nochineta.net/archives/5885

この映画、出産、死産、不妊、障害、胎内記憶など様々な体験をしてきた4つの家族の物語になっています。

夫が妻にできることは何か、なぜ生まれたのか、なぜ生まれてこなかったのか・・・「感動」とか「面白かった」とかではなくて「今この瞬間の大切さを考えさせてくれる映画」だなぁと感じました。

そこで感じた「パパ」としての意味を考えさせられましたね。

■パパは「イクメンとカジメン」を4:6で実行すると良いと思う

http://nochineta.net/archives/4707

育児と家事の分担について書いてみました。自分のできることを明確にして、できる部分からやっていくとすると・・・家事の方が多そうですね!

■下記でもまとめていますのでご参考になれば幸いです

http://nochineta.net/archives/tag/experience-note

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 体幹トレーニングで身体を知る!TAIKANZ(タイカンズ)のエクササイズプログラムに参加してきたよ!(AD)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る