美ら海水族館の壮大さを体験。現地の人に聞いたチケット購入の豆知識もご報告。

SDカードの容量はあるか?

カメラは壊れてないか?

レンズは、どれで行く?

色々考えてから美ら海水族館へ行きましょう!

美ら海水族館は遠くて行きにくい・・・と思っている方も多いかと思いますが、やはりさすがは観光名所の1つ。

行く価値はありましたね。そして、撮影のしがいもありますね(笑)

私は海には無縁な生活をしていたので、その壮大さに感動・・・。

水族館ってこんなに楽しかったっけ?!

大人も興奮するこの水族館ですが、もちろん子どもにも大人気。

うちの子は、ジンベエザメも喜んでましたが、やはりイルカのショーが最高だったようです!

あんなに帰るのを拒んだのは久々でしたね・・・。

美ら海水族館6

■沖縄の人に聞いたチケット購入方法

なんにせよ、まずはチケットを買わないといけないですね。

市内のコンビニやお土産屋さん?をはじめ、いろいろな場所で購入できるようなのですが、どこよりも安いのがこちら!

やんばる物流センター「道の駅許田」。と、現地の方に教えてもらいました。

道の駅許田

場所はこちら。那覇から高速使っても通り道ですね。

Aは宿泊していたサンコーストホテル

Bが道の駅許田。

Cが美ら海水族館になります。

※サンコーストのレビューはこちら

http://nochineta.net/archives/11412

美ら海水族館で購入すると「大人1,800円」なんですが、この道の駅では「1,520円」という金額。

ローソン沖縄では「大人1,620円」らしいので、道の駅の方がお得ですね。

また道の駅許田では、その他のチケットも安く取り扱っているようです。

ご参考までに!

・取扱チケット一覧

■美ら海水族館に入る前にも楽しみが。

美ら海水族館の入口は4階。(正確には公園の入口?)

駐車場から坂を下ってくると、ジンベエザメの像があります。ここに来るまでの景色が最高でしたねー。

海を上から見下ろす感じ。解放感が気持ちよかったです!

ここから1つ下がると、美ら海水族館の入口となります。

美ら海水族館1

美ら海水族館

■まずは、キレイな魚や大き目の魚がたくさん泳いでいます!

美ら海水族館は、入口から出口に向かって「下りていく」作りになっています。

初めは、「触ろう!コーナー」からきれいな魚をはじめ、大きな魚がたくさん泳いでいます!

一面ガラスなので、きれー!の一言でした。

子どもも、お魚さんだーーー!と。

美ら海水族館4

少しずつ進んでいくとだんだん暗くなってきます・・・。

ふと横を見ると、何やら巨大な・・・・

美ら海水族館5

■ジンベエザメや巨大マンタが目の前を通過する!

美ら海水族館最大の見せ場。巨大サメ「ジンベエザメ」の登場です。

ホームページによると大きいのが3匹いるのかな?

水槽容量7,500m³ (深さ10m・幅35m・奥行き27m)は圧巻です・・・。

日本最大、世界第2位の大きさの水槽です。

(写真4枚)

美ら海水族館_ジンベエザメ

美ら海水族館7

美ら海水族館_ジンベエザメ2

美ら海水族館_ジンベエザメ&マンタ

■撮影が難しかった・・・。

水槽の前で記念撮影するわけなんですが、やはり水槽の奥と手前の両方に合わせなくてはいけなこともあり、私の技術では撮影が難しかった・・・。

どうすれば、人も魚もキレイに写るのかなぁ??

キレイに記念撮影できるコツ募集!!(笑)

美ら海水族館3 美ら海水族館_ジンベエザメと撮影

■子どもが大興奮!イルカショーへ。

本気で見ると結構時間を使いそうな感じでしたが、実はイルカショーを見ることが1つのポイントだったりしたのでショーの時間に合わせて水族館を抜けました。

再入場する可能性がある方は、出口で手にスタンプを押してもらってください。

下の写真は水族館を抜け振り返った景色。・・・本当に大きな水族館でした・・・。

美ら海水族館1-1

イルカショーの会場は、水族館を出て少し歩くので余裕をもっていくと良いでしょう。

開始が近づくにすれかなりの人が集まります。

ベビーカーの方は、最上段or最下段にいくとベビーカーごと見れますので便利です。

それにしてもイルカってもっと可愛いかと思ってましたが、人と比べるとやはりでかい・・・。

美ら海水族館_イルカショー2

こんなに大きくても飛べるんだねー!

と思いきや・・・・

美ら海水族館_イルカショー3

激しく飛んだ?!

美ら海水族館_イルカショー4

ちなみに、運動能力もさることながらイルカの頭の良さには本当に驚かされました・・・。

美ら海水族館_イルカショー1

この日は、午前中に入り12時過ぎには美ら海水族館を後にしました。

他にも、ウミガメ館、マナティー館などなどたくさんありましたよ。

実は、美ら海水族館はあくまで「海洋博公園」の中の1つです。

その他に、花・緑のエリア、歴史・文化のエリアがあるのでご興味あれば是非。

 

それではお昼ご飯を食べに「瀬底島」に行きたいと思いまーす!

■「子連れ沖縄の旅」の記事をまとめていきます!

http://nochineta.net/archives/tag/okinawa

■Co-NAVI(子ナビ)より皆さんへ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

よろしければ下記よりCo-NAVI(子ナビ)を応援していただけると嬉しいです!

また、ご意見ご感想などについてはブログコメント欄をはじめTwitter、Facebookよりご連絡くださいませ。

よろしくお願いいたします!

Twitter:@conaviblog

Facebook:http://www.facebook.com/CoNAVI

mixi:http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=194438

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. ギフトにかわいいケーキを!「ル・パティシエ」の今治タオルケーキ!(PR)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る