子連れ川越散策!蔵づくりの街並みに、食べ歩きに、斬新なオブジェに。

川越を子連れで散策することになったこの日。待ってましたとばかりに、EF-S24mm F2.8 STMとEOS Kiss X7を持って遊びに行ってきましたよ!

川越と言えば、蔵づくりや菓子屋横丁などの古き良き街並みをみるのはもちろん、食べ歩きなんかも楽しめるのが良いですねぇ。

子どもはもっぱら食べ歩きの方に趣がいっていますが・・・!

草団子

■蔵づくりの街並みが魅力的

この日は、予想以上に人が多くすきをみて撮影する形が多かったですね・・・!

しかも、予想通りではありますが子どもは抱っこ!ということで、写真は少なめですが片手撮影で撮ってきましたよ。

ちなみに、この一角は電線がありません!景観を損なわないためにという話らしいんですが、言われてから気づきましたよ・・・。

電線がないだけでこんなにすっきりするんだなぁ。

川越蔵づくり

下の写真は、川越市指定有形文化財の加藤家住宅。観音扉の重厚な窓が蔵づくりっぽい印象ですね。

現在は、窯焼きのピザを展開していたり、COEDOを飲めたりするようですね!このお店は1度は入ってみたいお店の1つです。

蔵づくり

■団子や餅を食べ歩き!

さつま芋が有名な川越なのでさつま芋ソフトなんかも良かったんですが、子どもの大好物が「甘味処 川越 あかりや」の団子や餅。

お店の中でも甘味はもちろんランチメニューも食べることができますが、その場で購入することがほとんどです。

その中でも、まさかの「草もち」が一番好きなんだそうで。

川越あかりや

▼安定のみたらし団子

みたらし団子

▼大好物の草もち。

川越あかりや_草もち

食べ歩いた後も、部屋に戻ると2個目の草もちとその他の団子にも手が伸びるほどの好きっぷり。

草もちは、繊維も入っていて大人の味だったんですが、あんことの組み合わせが美味しかったようです。

川越あかりや_あんこもち

ちなみに、この日のランチは蔵づくりの街並みをみながらイタリアンを食べられるお店「セサミキッチン」へ。

蔵づくりの街並みのメイン通りである一番街商店街通り沿いにあるお店で、不思議な感じがしましたね(笑)

▼この日は日差しが強かったのでしまってましたがその向こうには・・・!

川越セサミキッチン_店内

▼パイ生地と栗クリーム

川越セサミキッチン_デザート

また、散策している中で気になったのが「豆蔵(まめぞう)」というコーヒー専門店。

本川越方面から行くと菓子屋横丁の手間にあるお店で、とても香りがいい!大人だけで散策することがあれば寄ってみたいなぁと思ってるお店の1つです。

川越豆蔵(まめぞう)

■菓子屋横丁近辺にはオブジェがたくさん

菓子屋横丁近辺には、カバ、パンダ、ハシビロコウ、カメレオンなどの大きなオブジェが置いてあります。特に、うなぎ専門店に飾られている5円玉に乗っかっているカメレオンがとても印象的・・・。

このオブジェは、「ヤジマキミオ 発泡スチロール 立体アート制作」というところが手掛けたものらしい。

公式ページによると、川越菓子屋横丁には「パンダ・コビトカバ・カメレオン・ハシビロコウ カエル・うさぎ・チェスの馬」が展示されており、JR川越駅には「時の鐘」のオブジェが飾られているそうです!

川越カメレオン5円玉

小江戸川越も、大人になってからちゃんと散策すると違う楽しさが見つかるかもしれないなぁ。機会があれば「大人の散策」も楽しんでみたいと思います!

「EF-S24mm F2.8 STM」で撮影したブログ記事はこちらよりどうぞ。

■撮影しているレンズとカメラはこちら

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 日本の食材と組み合わせた珍しいフレーバールイボスティーに注目!【PR】

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る