第2子が生まれた時のパパの心境まとめ。

Facebookではご連絡させていただきましたが、第2子が無事生まれました!ご連絡いただいた皆様ありがとうございました。

そんなわけもありブログの更新が止まってしまっていましたが、ご報告の意味も込めて「第2子が生まれた時のパパの心境」をまとめてみました。

■仕事と家庭の境目で

私の年齢(29歳)くらいの方で俗にいう「ビジネスマン」であれば、それなりに仕事が降ってきて忙しい方も多いと思います。

帰りは遅い

帰っても仕事をしている

朝も早いときがある

ただ、第2子が生まれるにあたりお腹が大きくなる妻。できることも限られてくるし、ストレスだって感じていると思います。

しかも第2子!つまり、小さい子供がもう1人いるわけなんですよ。これはきつい。。。

正直なところ、第2子の妊娠時にはもっと「ケンカ」が増えると思っていました(笑)

お金をもらうために仕事はもちろんやめられない、でも家庭の事をすべて任せきっていることへの申し訳なさ・・・。

そして、雑な自分の性格・・・。

ただ「ケンカが増えると思っていた」ということは、実際は予想以上に少なかったということ。

もしかしたら「あきらめ」も入っていたかもしれませんが、理解ある妻に感謝したいと思っています!

■出産は突然に・・・

夜の12時くらいに帰宅し、そのまま病院へ。

「平日に生まれたら立ち合いはできない」

そう思っていましたが、結果として早朝には無事に生まれ立ち会うことができました。

自分の子がどうやって生まれてきて、その時ママがどんな思いで、どんな状態だったのか。

知っているのと知らないのでは、気持ちの持ち方が違うように感じます。少なくとも、私は産まれるその瞬間に立ち会えて良かったと思っています。

それにしても、冷静な出産でした・・・(笑)

もちろん痛がったり、貧血気味になることはありましたが「ここまで強くなれるものなのか」というのが正直な感想。

結果的に、私は1人目2人目両方とも立ち会うことができましたが、嫁への尊敬の思いは出産を通してより高くなっていると思っています。

■パパは役に立たなくてもいい!邪魔はしない!が基本姿勢(笑)

陣痛が本格的に始まると、平常でいられる人は少ない?と聞いたこともありますが、少なからずそれはあたっていると思います。

そりゃ、男性では耐えきれないと言われている痛みに耐えているわけですからね・・・。

私は2回の立ち合いを経て「出産時に自分ができることはほぼない」と感じているので、妻が求めることをできるだけしてあげるのみ。

人によってさまざまだと思いますが、「頑張って!」って応援されることを不快に感じる人もいれば、「何かしようか?」と聞かれることも不快に感じる人もいるそうです。

つまり「出産時に、妊婦に考えさせてはいけない」というのが私の結論。

直観的に発した妻の言葉にどれだけ対応できるかが重要だと思いましたよ!

「水!」「あります!」

「腰が痛い!」「押します!」

まぁ「立ち会わないでくれ」というママがいるくらいなので、ぜひ出産が近づいたら1度夫婦で話し合いをしたほうが良いかもしれませんね!

■長女の想い

初めに写真を載せましたが、長女も下の子ができて喜んでいるように感じました。

まだまだお母さんが恋しい年頃ではありますが、おむつ替えや授乳のタイミングでは、一生懸命声をかけてくれたり、準備を手伝ってくれます。

また、これは妻と驚いた出来事。

真夜中にお腹を空かせて泣いた下の子の鳴き声で起きてしまった長女。

普通であれば、いきなり起こされたので大泣きするはずだと思っていたのですが

「ミルクのみたいの?よし!準備しようっ!ちょっと待っててねー」と、張り切って起き上がりました(笑)

お節介すぎて、夫婦でひやひやすることもありますが「何かしてあげなきゃ!」という想いは強いんだと感じました。

良くある話ですが「上の子は我慢することが多い」ということが多々出てきます。

もちろん我慢をしなくてはいけない場面だってあるかもしれませんが、それ以上に可愛がってあげるのが親の務めだなぁと、妻と話しています。

 

さて、これからもがんばって働くかなぁ(笑)

スポンサードリンク


海外でもネット環境を!


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. ディズニーバンカーリングが予想以上に便利!このリング1つでスマートフォンが変わるよ!

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る